暖かな空間では
皆が自然と笑顔になる
そんな住まいを…

当社の高性能住宅はすべて「BELS(ベルス)」にて評価されています。BELSとは建築物省エネルギー性能表示制度のことで、新築・既存の建築物において、省エネ性能を第三者評価機関が評価し認定する制度です。
国のお墨付きが与えられる省エネ性能表示制度であり、建物の省エネ性能、資産価値を示すひとつの指標となります。省エネルギー性能に特化したシンプルな公的制度で、省エネルギー性能の「見える化」を通じて、性能の優れた住宅・建築物が市場で適切に評価され、選ばれるような環境整備が期待されています。

「見える」省エネ性能
省エネ誘導基準より、
より省エネ。

BELS(ベルス)は、一次エネルギー(火力・水力・太陽光など、自然から得られるエネルギーのことを指す)消費量の基準値からの削減率や基準への適合可否、性能(BEI)に応じた5段階の★マーク等で表示されます。評価に用いられる指標及び手法は、外皮性能および一次エネルギー消費量によることを基本とし、その評価方法は省エネ基準によります。BELS(ベルス)の一次エネルギー消費量は、給湯設備、暖房設備、冷房設備、換気設備、照明設備が消費するエネルギーを合算して算出します。

佐藤総業では、最高評価の五つ星(★★★★★)を取得している物件が多くあります。車のエコカー表示ステッカーのように、住宅も★の数で省エネランクが表示されることで、目に見える「安心」をお約束します。

2016年4月から、ビル・住宅共に対応しています。非住宅版と住宅版で、中央のロゴデザインが異なります。
建物の省エネ性能を表示するのが★の数です。BEI値によって5段階で表示されます。 BEIは「基準一次エネルギー消費量」に対する「設計一次エネルギー消費量」の割合のことで、BEIの値が小さいほど省エネルギーです。
省エネ基準に対する削減率が表記されます。国の省エネ基準よりも26%も削減されたことがわかります。
評価対象建築物と省エネ基準と誘導基準との比較ポジションが示されます。
一次エネルギー消費量、外皮性能の「建築物エネルギー消費性能基準(以下「省エネ基準」)」への適合の可否を記載。外皮基準においては、住戸部分のUA値またはηAC値を記載することが可能。
テナントや住戸単位の評価の場合は、対象箇所を特定できる情報を記載します。
「見える」断熱性の違い
本当の高断熱高換気ができる
FPウレタン断熱パネルを採用
試算モデル:40坪内外気温差25℃。全館暖房に必要な暖房容量1時間あたり5.874kcal(エアコン2〜3台)
安心が「見える」FPの家
FPの家=ゼロエネルギー住宅向き

国が推進する住宅省エネ政策の目標モデル「ZEHゼッチ (ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)」は、「省エネ」と「創エネ」の効果を組み合わせて「住まいの年間一次エネルギー消費量」を正味(ネット)でゼロ以下にする住宅のことです。これからは「エネルギーを創って使う」暮らしが始まります。

ゼロエネルギー住宅(ZEH)を実現するための外皮性能や気密性はもちろん、経年変化が少なく、優れた強度・耐久性・耐水性能をもつ「FPウレタン断熱パネル」は、ほかには真似のできないZEHが求める基準以上の高い性能を、長期間保つことができます。「FPの家」なら無理なく「ゼロエネルギー住宅」を達成でき、設備機器に頼らないしっかりとした躯体性能で、快適で自由度の高い家づくりが実現可能です。

下記の図は、住宅の省エネ性能と各種制度を横断的にまとめたものです。佐藤総業では、ピンクの囲みエリアの各種制度に適合する断熱材の組み合わせを考えて家づくりをしています。

(※1) ZENは外皮の断熱性能の向上が必須となるため、UA値の基準として1・2地域は0.4、3地域は0.5、4〜7地域は0.6となります。
(※2)【フラット35】Sのテーマを「テーマ1耐久性・可変性」に選択して「長期優良住宅」が適合している場合は金利Bプランではなく、金利Aプランを選択できます。詳しくは【フラット35】サイトをご確認ください。

佐藤総業株式会社

TEL:0224-53-4769

〒989-1606
宮城県柴田郡柴田町大字船岡字清住町36-17

【受付時間】9:00〜17:00
【定休日】土・日・祝日
※但し事前予約にてご対応可能


会社案内お客様の声プライバシーポリシー

クリックで発信します